スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターカード講座初級編  (後編)    作 氷貴妃

6.合成によるスキルの引き継ぎ

引き継ぐスキルは、合成元が持っているスキル

card014.png

ゼリッピは -1属性UP〔土〕    +1HP回復    +1属性UP〔雷〕

トゥートゥーは +1MP回復     +1初速    +1経験値増加


それに合成後カードの葉っぱマンがレベル1で持っている -1属性UP〔火〕


銀カードの場合は、最大で6つのスキルを持てるので

card015.png

全部で、7つあるスキルから、6つ(上記の場合 +1MP回復が除外)



銅カードの場合は、最大で4つのスキルしか持てないので

card016.jpg

全部で、7つあるスキルから、4つ(上記の場合 +1HP回復 -1属性UP〔火〕 +1経験値増加が除外)



もしも除外されたスキルが欲しい場合は、カードを引き直して入れる必要があります

また、カードの引き直しを利用して、不要なマイナスのスキルを除外するという方法もあります




7.スキルの上書き

カードがレベルアップにより、同一系統のスキルを覚える場合は

スキルが上位に上書きされます

card017.png

葉っぱマンはレベルが上がると、+1属性UP〔土〕を習得するので

上記の-1属性UP〔土〕が、レベルアップに合わせて+1属性UP〔土〕に上書きされます




8.欲しいスキルを8つ持ったカードの作り方(理論)

欲しいスキルを2つ持った銅カードを2枚用意します

それを合成

card019.png

欲しいスキルを4つ持った銅カードを作成


さらに、もう1枚のスキル4つ持ち銅カードを作成

card020.jpg

今回はめんどかったので

上記の銅カードの葉っぱマンのレベルを3まで上げて

スキル上書きしました



そして、用意した2枚のカードを合成

金カードが出るまで引き直します


card023.png

ここでのクリックは慎重に行ってください

「引き直し」の必要があるのに「獲得する」をクリックしてしまう

良いのが引けたのに、「引き直し」「取消」をクリックしてしまった

そういうことを、誰もがやっています(笑)

そして

また材料のカードから作成する徒労感は、とんでもないものがあります


今回は、金カードではないので

「引き直し」をクリックですね



card024.png

そんなこんなで金カード♪

合成の組み合わせやカードのランクの上がり方、下がり方は素直にWikiを見た方が早いです

カードの仕組みを理解できているなら、レシピメーカーなども利用するといいでしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うめうめ

Author:うめうめ
テイルズウィーバー

大切な友達と^-^w

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。