スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと真面目にCPを読んでみる CP2 (後編)

<ナルビク編>

cp247.png

ナルビクに戻ってきたナヤトレイとシベリンは

神の武具(アーティファクト)を盗んだレミーくんに出会います



ここで

守護者(ガーディアン)の神の武具(アーティファクト)の持ち主を見分ける能力が

描かれるわけですね


神の武具(アーティファクト)を元の持ち主に返すため

ナヤトレイとシベリンのレミーくん捜索が始まります


cp261.png

そのイベントの合間にロングソードさん登場


cp274.png

下水道に、どうしてこんな門があるのだ?

とかいう、今後の伏線っぽい描写もあったりして


cp275.png

最終的には、神の武具(アーティファクト)をシベリンさんがお金を出して買うことになりました



そろそろ金も無いから仕事でも探すかってナルビクに戻ってきた彼が

ちゃんとお金を払えたのでしょうか?

どうにも納得できない描写ではありますが

そういう細かいことを気にしてはダメなのでしょうw



そして、神の武具(アーティファクト)を手にしたシベリンさんは

シベリン「うん?待てよ、このペンダント、どこかで見たような気が・・・・」


「・・・・・には・・・を・・・・には・・・をあげる」

「・・・・は・・・・の呪いを受けて・・・・・」

「おまえの運命は・・・・・だから・・・・」


シベリンさんの頭に謎の声が響きます



これは、このペンダントの持ち主がシベリンさんだった!


ということでは、なかったようです


ちなみに、この後のシベリンとナヤトレイの会話は、ちょっと意味深

シベリン「レイ?オレのことで何か知ってるのか?」

cp295.png

シベリン「え?」

ナヤトレイ「べつに何でもないわ」



私も「え?」って思いましたよ

「そんな事、知らん」って、製作者の打ち間違いかと思いましたよww





cp391.png

ちなみにペンダントはというと、CP2の最後で

元の持ち主へ返すことになります



<ピンクの珊瑚>

話は前後しますが

ナヤトレイとシベリンは、黒衣の剣士を探しに行くためのお金を貯めるという

切実な問題にも直面します



今回のルベリエ支部長からの依頼は

生産量が急激に減り、原産地のナルビクでさえ手に入りにくくなったピンクの珊瑚

その原因を突き止めて、解決しろ、というもの


エシェルト伯爵って人が、魔法実験のためにピンクの珊瑚を大量に仕入れたがっている

という裏事情もあるみたいです



ここでは、入手困難なピンクの珊瑚を持っていたロングソードさんは

すごい人なんだよって、ことも表現したかったみたいですねw



実際の珊瑚問題は

思わぬところからの助っ人が、貴重な情報をくれます


cp311.png

誰だよ、あんた?www

そうツッコミたくなるくらいに

CP1で、ほとんど登場しなかった人物の登場

ライディアやクラドへ行った記憶は喪失しても

この人のことは覚えているのですねww



結局、珊瑚洞窟の奥に居る数千年生きている亀(賢者)が原因だったようで

亀が眠りにつくことで、事件は解決します


そのとき、亀がいろいろと寝言を言ってましたが

読んでも意味が分からなかったので、省略wwww



次回は、また黒衣の剣士を探すって感じになるのでしょうかねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うめうめ

Author:うめうめ
テイルズウィーバー

大切な友達と^-^w

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。