スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと真面目にCPを読んでみる CP2 (前編)

<ライディア編>


今回はライディアからスタート

シベリン「ここがライディア?思ったより静かで小さい町だな」


え?


あんまり重要そうじゃなかったので

前回の記事には書きませんでしたが

カウルのエピルダさんの依頼で、あんたCP1でライディアに行ってるでしょうがww


これも記憶喪失の一種なんですか?www



いきなりツッコミどころ満載なスタートですが

ナヤトレイとシベリンは、ここでも黒衣の剣士の情報を集めます


新しい情報として


1.黒衣の剣士は、シベリンの胸に傷跡を残したらしいこと

2.黒衣の剣士の実力は、いままで自分が見てきた剣士の中で最高だった(旅行者談

3.ライディアとクラドの間のペナインの森で黒衣の剣士の目撃情報があったこと

4.黒衣の剣士は、シベリンの養父ケレンスを殺したらしいこと

5.黒衣の剣士(別人?)が、モンスターに囲まれた旅行者を助けたこと



cp153.png

6.たぶんボリスも、黒衣の剣士を探しているらしいこと

7.ライディアの人達は、木の上に住んでいるということ




そして、大きな違和感

このアビエスさん

今まで登場したエピルダさん、ドロシーさんに比べて

明らかにアダルトな魅力では勝っているように見えるのですが

なんと、シベリンさんに全く口説かれないのですww


アビエス「私の代わりにスカルウォーリアの角20個をクラドにあるビアヌ神殿のゼルナ様に渡してくださいませんか?」

シベリン「貴重な情報をいただいたんですから、それくらいは安い御用です」


見事に普通な会話www


1度、ライディアに訪れていることも忘れるくらいな

新たな記憶喪失に陥って

シベリンさんの性格そのものが変わってしまったのでしょうか?


そう思わせておいて

cp160.png

ゼルナさん相手には、相変わらずのシベリンさんw

要するに、アビエスさんがタイプではなかったということなのですか?

それはそれで、なんか酷いですね



で、今回のナンパイベントは、序盤のこれだけです

ちょっと寂しいですねw



<クラド編>

黒衣の剣士が、クラドに来ているかもしれない

その情報を頼りに、ナヤトレイとシベリンはクラドにやってきます


入口で、シベリンは解説キャラとなってクラドの説明を始めます


1.クラドはサイモペインの原産地として有名

2.閉鎖的な町なので、外部の者が少ない上、町の自警団が厳しい警護をしている



シベリン「俺たちも外部の者だから自警団に申告しなきゃいけないよ」

得意満面に語るシベリンさん





いや、ちょっと待ってくれ・・・・・


まるで初めて訪れたみたいに会話してるけど



あんたら、ついさっきゼルナさんに届けもののためにクラドに入ったばかりだろwwww


そのときは、自警団に申告しなくて大丈夫だったのですか?



それとも

そのときの記憶を、あなた達は喪失してしまったのですか?w



こんなので、この先、大丈夫なのでしょうか?

不安が大きくなってきましたが

CP2は、ここからが面白いです!!






結局、黒衣の剣士の情報は得られず

雨が降り出したので、宿屋へ向かおうとしたとき


cp183.png



そして、2人が立ち去った後

cp182.png


シャドウ&アッシュの監視役登場

「シベリン・ウーなんてしぶといやつだ。あのとき死んだと思っていたのに、まさか生きていたとは。しかもギルドで追殺令が下っていたにもかかわらずだ・・・・・」


なんか、いきなりカッコイイ展開にw


そして

ひたすら独り言で、状況を解説してくれますww


要約すると

シベリンは、ギルドの秘密に興味を持ち、シャドウ&アッシュにとって不利益な情報を得てしまい、そのために命を狙われた

その後、記憶を失い、自分を殺そうとしたシャドウ&アッシュに自ら所属した

今のところ秘密を漏らすことがなさそうなので、ルベリエ支部長や上部の指示により、監視のみが行われている


ということみたいです



いずれは、ギルドとの衝突みたいなこともあるのでしょうか?

何にしても、いきなりの緊迫した場面に

ちょっと、私のテンションも上がってきます




cp195.png

一方、宿屋のナヤトレイさんは

状況を、ある程度、把握しているようです


そして

プロローグで暗殺者の来訪を告げ

CP1で黒衣の剣士の存在を知らせた光がここでも起きます

ナヤトレイ「なんでダウジャーが?」


そうか、これはダウジャーっていうのですかww


cp199.png

ナヤトレイの前に現れる謎の兵士達


うわ、こういうベタベタな展開は、大好きですww


監視だけのはずだったのに、なぜシベリンの命までを狙う?

そう尋ねるナヤトレイに

謎の兵士たちは、自分達の狙いは苗族、最後のガーディアンであるナヤトレイ自身のことだと告げる


ちなみにガーディアンっていうのは

今まで出てきた、守護者(ナヤトレイのこと)の別の言い方っぽいですね

同様に、神の武具のことを、別の言い方でアーティファクトと呼ぶようです




そのことからナヤトレイは

相手が、苗族を滅ぼし神の武具を奪っていった断罪者達だと推測し敵意を向ける

ここで

「だから残りのアーティファクトがどこにあるのか素直に俺たちに言ったほうがいい」

という台詞があるのですけど

これはつまり

ここにもアーティファクトがあるという意味で

ナヤトレイの持っているダウジャー = アーティファクト = 神の武具

ということなのでしょう



ちょっと説明っぽくなりましたが

この後、シベリンが助けに来て

2人で断罪者達を蹴散らしますw


cp234.png

ここでナヤトレイとシベリンの出会いについて

少し語られますが、あんまりよく分かりませんw



あとは

一族のルールとかいう理由で、ナヤトレイは詳しい話はしませんし

シベリンは失われた記憶と関係ありそうとか

また、いつものパターンで肝心なことは思い出せないのでした


そして

シベリン「そろそろ金もないからギルドで仕事でも探してみるか」

いつものパターンで、クラド編終了ですw



cp244.png

断罪者達を指揮するリンさんも登場

今後の動向に注目ですね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うめうめ

Author:うめうめ
テイルズウィーバー

大切な友達と^-^w

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。